5/31の禅語
錦を衣て夜行くが如し
いくら着飾っても真っ暗では気晴れがしない。中身の無い奴は いくら表をとりつくろうともやっぱりしっくりこない。

5/30の禅語
時時に勤めて佛拭せよ
常に勤めて心の塵を払いされ。神秀、偈に曰く「身はこれ菩提樹、心は明鏡の臺の如し、時時に勤めて佛拭せよ、塵埃を惹かしむること勿れ。

5/29の禅語
兒不嫌母醜  児は母の醜さを嫌わず
どんな母親でも、子供が嫌う親はいない。たとえ、どんなに醜く どんなにアホな母親でも・・・・・・・・
そんな自分の子供を心から愛しましょう。

5/28の禅語
自屎不覚臭  じしくさきをおぼえず
自分の醜悪は苦にならない。自分の糞ション便のにおいは気にならない。まずは己を知ることです。

5/27の禅語
黒烏吹漆桶  
黒烏も漆桶も共に黒い。真っ黒で何がなんだか訳が分からない様子。平等とは一色で何が平等かわからないものである。

5/26の禅語
好肉上に傷をえぐる
いらざる事をしてかえって悪くした

5/25の禅語
紅炉一点雪  こうろいってんのゆき
火炎上の雪はすぐに消えてしまう。小さいものは何の跡形もなく消え去ってしまう。問題にもならない。
小さいことでくよくよしていても 仕方ないこと、海の藻屑となって消え失せてしまう。

5/24の禅語
好事不如無  好事も無きには如かず
良いことも無いに越したことはない。無事こそ最も貴い。

5/23の禅語
巧匠不留跡  巧匠 跡をとどめず
達人は無心故、行じて行相が良くない

5/22の禅語
壺中日月長  こちゅうじつげつながし
別天地に時間はない。壺公という仙人が一つの壺を自分の住家とした故事

5/21の禅語
銀椀裏盛雪  銀椀に雪を盛る
白上に白を盛り。類して等しからず。見事な限り  この上ない様子。